在校生/卒業生の声 VOICE

東條 浩明

「無駄なく最短で資格を取得する勉強法」を学べました

東條 浩明

卒業生 建築士専攻科

profile

東條 浩明さん

株式会社東条設計 経営企画室・構造設計室 常務取締役・2011年度卒業

【取得している資格】 一級建築士,二級建築士,宅地建物取引士,建築仕上診断技術者

現在携わっている業種と,担当している業務内容を教えてください。

住宅や病院,商業ビルなどの多種多様な建築において,人々の安心・安全を守る構造設計・構造管理という分野を担当しています。意匠設計者との連携が不可欠で,一切の妥協をせず,より良い設計を追求しています。

仕事のやりがいや面白さを教えてください。

構造設計は,建物ができるとほとんど見えなくなることが多いですが,建物の価値や魅力を高められる重要な仕事です。意匠設計と上手く連携して良い建物をお返しでき,お客様からの喜びの声をいただいたときは,全てが報われる最高の瞬間です。 

勉強・仕事・サークル活動などで,「あのときは本気出した!」思い出を教えてください。

「一級建築士」の受験です。周りの方々に協力を得て,仕事をしながらも早朝と夜の時間を勉強にあて,日々本気で受験勉強に取り組みました。

工学院の良いところを教えてください。また,先生方のサポートや同級生との励まし合いなどのエピソードを教えてください。

実社会で働いている先生方からの教えはとても的確だったことを覚えています。同じ時間を共有して学び遊んだ同級生たちは,社会人となり,それぞれ環境が変わった今でも大切な友人です。

学生時代にやっていた方が良いと感じることはありますか?

社会人になると,まとまった時間の確保が難しいので,趣味の時間や旅行に行くなど,自分の感性を磨いたり,経験と度胸をつけるためにいろいろなチャレンジをしたりすると良いと思います。自転車で日本一周などをやってみたかったです。

工学院で学んだことは,現在の仕事にどのように役立っていますか?

建築の基礎を学びながら,建築の面白さや知識を深められたことで更に建築に興味が湧き,「もっと探求・追求したい」という仕事のモチベーションの原点にもなっています。

今後の目標や,将来の夢を教えてください。

建築に関わらず,今の年代でしかできないことにもっとチャレンジしていこうと思っています。異業種の方々とも積極的に交流し,お互いのプロフェッショナルな部分を掛け合わせて,一人ではできない大きなイベントなどを企画していきたいです。

東條 浩明さんのある一日

  • 7 : 30~8 : 30

    一日の業務計画を立てる

    仕事は“段取り八分”です。目標を立て,タスクリストを作成して無駄のない仕事を行います

  • 8 : 30~9 : 00

    朝礼・掃除

    朝から元気よく!どこにも負けないくらい朝礼・掃除には力をいれています

  • 9 : 00~12 : 00

    構造設計

    午前中の頭がスッキリしているうちに,構造計算など脳をフル回転して行う業務を行います

  • 12 : 00~13 : 00

    昼食・ランチミーティング

    ランチは社員全員でコミュニケーション。案件のレビューや社内コンペなど,全物件に全社員の英知を結集します!

  • 13 : 00~15 : 00

    現場監理

    クライアントの想いを形にし,安心・安全な建物を造るため,どこよりも厳しい監理を行います

  • 15 : 00~18 : 00

    構造設計・作図

    意匠設計者とも密に打ち合わせ等を行いながら,お客さまに寄り添った設計を行います

  • 18 : 00~18 : 30

    夕礼

    良いことも悪いことも即情報共有し,改良改善を重ねて全社的に向上します

  • 18 : 30~19 : 00

    帰宅

    たまには残業することもあります

  • 19 : 00~21 : 00

    食事・子どもと遊ぶ

    家ではスイッチを切り替えてリラックスします。子どもとの時間は至福のひと時です

  • 21 : 00~22 : 00

    風呂・リラックス

    テレビを見たり本を読んだり,晩酌をしたり,自分と家族との時間を満喫します

  • 22 : 00~24 : 00

    運動(することもある。)
    勉強(することもある。)

    健全なる精神は健全なる身体に宿ります!なにもしなくても健全だったのは20代までなのです

  • 24 : 00~

    就寝

    睡眠は大事です。明日に備えて,できるだけ決まった時間に就寝します