トップページ > 学科紹介 > 電気技術工学科在校生の声

電気技術工学科在校生の声

電気技術工学科在校生の声

電気技術工学科28年度卒 鮫島 優太

私の知識や技術で少しでも世の中を平和に

警察庁技官は事件や事故、災害が起きた際に映像として残し、必要としている方に提供する、サイバー犯罪防止のため24時間体制でインターネットを監視するなど情報通信に関わる仕事です。警察庁技官になるためには第一級陸上無線技術士の他にも電気やアナログ・デジタル通信の知識・資格も必要です。そのため第三種電気主任技術者など、他の国家資格の取得も目指し勉強しました。受験の際には過去問の資料などを何度となくいただいたり、専門の先生から的確なアドバイスをいただくなど熱心にサポートして頂きました。警察庁技官の中にも複数の職務がありますが、特にサイバー犯罪や端末のデータ解析の分野でも少しでも日本の平和に貢献できればと思っています。

電気技術工学科28年度卒鮫島 優太さん(鹿児島工業高等学校出身)

電気技術工学科2年 内村祐貴

知識・技術の習得はもちろん、資格取得にも最適な環境があります

工学院は国家試験の取得に力を入れているということで入学を決めました。私は将来、電気設備保守関係の仕事に就きたいと思っているのですが、そのためには、資格が必要です。工学院でならさまざまな資格を取得し、夢を叶えられると思いました。授業は座学ばかりではなく実習も多く、就職した際にも即戦力になれるような実践的な知識・実技が馬投げます。また、学習に専念しやすい環境です。一年次は目標にしていた第一種電気工事士と第一級陸上無線技術士試験に合格することができました。今は第三種電気主任技術者試験合格にむけて勉強に取り組んでいます。

電気技術工学科2年内村祐貴さん(屋久島高校出身)