トップページ > 学科紹介 > 電気技術工学科 活躍する先輩たち

電気技術工学科 活躍する先輩たち

電気技術工学科 活躍する先輩たち

上村嘉博さん

実習で得た専門知識が就職後に役立ちました

現在、電気主任技術者として主に工場の電気設備の保守及びメンテナンスの仕事をしているほか、保全係として機械設備も同様に担当しています。工場で機械が動かないトラブルに直面した際、図面を見なければ解決できない状況でしたが、在学中に電動機の制御回路を組む実習をしていたので、当時勉強していたことが役に立ち本当に助かりました。今後は、電験2種の資格を取り活躍の場をさらにひろげていきたいです。

南日本くみあい飼料株式会社 谷山工場製造課保全係

上村 嘉博 平成22年度卒

末吉雄一郎さん

卒業後に就きたい仕事を見据えながら勉強することが大事です。

現在、ニュース番組の編集や取材、報道系機材の整備に携わっています。資格あっての仕事ですから、在学中に取得した資格は現在に大変活かされています。私には、はじめから無線関係の仕事に就くという夢がありましたので、在学中は先生方の指導を受けながら遅くまで資格取得に向けた勉強に励んでいました。やはり、将来の仕事をしっかりと見据えながら、学校での学習に取り組むことが重要だと思います。

MBC南日本放送 技術本部制作技術部

主任 末吉 雄一郎 平成6年度卒

上ノ町 俊貴さん

学校の授業では、幅広い電気の世界を学ぶことができました

私は九州電気保安協会の職員として仕事をしています。現在は鹿児島工学院専門学校で学んだことを基礎に、お客様が安心して「電気」を使用できる状況を守るために、日々業務を行っています。私は高校の頃から「電気」を学んでいたのですが、その面白さに気づきこの学校に入学しました。授業は電気の理論以外にも、ロボット製作などもあり、幅広い電気の世界を学ぶことができました。また、先生方は私が電気主任技術者の資格を取得するために、夏休みや放課後に補習をしてくださいました。また、理解しにくいところを質問すると、丁寧に教えてくださいました。在学中は私の努力が足りず、科目合格で終わってしまいましたが、あの時もっと集中していれば「完全合格」できたと思います。今、社会に出て痛感していることは、資格はとても大切ということです。皆さんも自分自身の将来のため、資格取得にチャレンジしてください。

一般財団法人九州電気保安協会上ノ町 俊貴 電気技術工学科第27期卒業生