トップページ > 学科紹介 > 建築デザイン学科在校生の声

建築デザイン学科在校生の声

建築デザイン学科在校生の声

土持 未聖 さん

学業もプライベートも充実させながら目標実現に向け努力しています

中学生のころ、祖父が病気で手術し体に麻痺が残り、祖父母の家を祖父の住みやすい家にリフォームしました。その作業を見ていて、家具・建具屋をしている父をはじめ、専門の知識をもった建築士に憧れ、工業系の高校に入学しました。卒業後の進路を決める際、大学進学と迷いましたが、専門の強化だけを深く学べ、最短で二級建築士を取得できるということで工学院へ進学しました。工学院はわからないところがあれば授業中だけでなく、休み時間や放課後でも理解できるまで先生方が指導してくださいます。また、実際に現場見学に行ったり、課外授業も多く、教科書だけでは学べない生の知識も身につけられます。また、学習面以外では野球部のマネージャーもしています。大好きな野球を通して先輩や他学科の学生とも交流でき、充実した毎日です。在学中にインテイリアコーディネーターの資格取得を目標にしていますが、2年生で受験予定の飛球施工管理技士を1年生中に取得し、少しでもインテリアコーディネーターの勉強ができるよう挑戦しています。卒業後は地元である宮崎に戻り、一級建築士を取得後、ゆくゆくは自分の工務店を開き、父や兄が作る家具や建具を自分の設計した住宅に入れることが夢です。

建築デザイン学科2年土持 未聖さん(県立明桜館高校出身)

吉村 直樹 さん

先生の後押しで夢を叶えることができました

私は総合建設会社である多田建設で建築施工現場を管理する業務に就きます。私は以前から施工管理の仕事に興味があり、就職先を探していました。自分でもいろいろと調べ、情報を集めていましたが、一番は先生に勧めていただいた企業であったことも志望した大きなきっかけです。志望先を決めてからは面接の練習ももちろんですが、ビジネスマナーなどにも力を入れ先生方に指導していただきました。内定をいただいてからもこれからのことについてアドバイスをいただいています。入社後は、一級施工管理、二級建築士の資格を取得できるよう実務経験を積み、同級生のみんなに胸を張ってまた会えるように努力していきます。

建築デザイン学科平成28年度卒吉村 直樹さん(鹿児島実業高校出身)