トップページ > 学科紹介 > 建築デザイン学科・建築士専攻科の特色

建築デザイン学科・建築士専攻科の特色

建築デザイン学科の特色

建築の第一線で活躍するプロから学べる!

大学では研究と学術が中心ですが、専門学校では実務に直結した実力が身に付くよう集中的に学んでいきます。本校では現場で活躍している一級建築士、インテリアコーディネーターが実務に必要な知識・ 技術を教えます。また、一般に大学では1・2年次は教養科目を学びますが、本校では1年次より建築の基礎から実務と資格取得に対応した科目を専門的に学びます。

建築士を目指すならココが一番!

卒業した年に二級建築士を受験できるため、大学より2年早く資格を取得することが可能です。また建築士専攻科に進学すると、大学ではできない徹底的な受験対策で二級建築士を在学中に受験し、取得することが可能です。

学費は半分で、就職にも有利!

本校の場合、大学と比べてトータル的な学費が安くなりとても経済的です。特に、私立大学に比べると学費が半分以下になる可能性も大きいでしょう。さらに就職氷河期と言われる現在でも、平成25年度就職率100%を達成し、就職にもだんぜん有利です。

建築士専攻科の特色

二級建築士試験合格のための徹底した受験対策!

7月に行われる学科試験と、9月に行われる設計製図の試験に合わせた実践的な指導をします。学科試験対策としては、「建築計画」「建築法規」「建築構造」「建築施工」の4科目と「建築設計製図」の科目を並行しながら学習していきます。過去に出題された問題を徹底的に学習し、予想される問題や模擬試験等に取り組んで万全を計ります。

試験終了後も各種資格取得に向けた勉強ができる!

9月の二級建築士試験終了後には、2級建築施工管理技士(学科)、福祉住環境コーディネーター、宅地建物取引主任者などの資格取得に向けた講座も組まれています。

試験終了後も各種資格取得に向けた勉強ができる

建築デザイン学科、建築士専攻科の取得資格・スキル

二級建築士試験 最終合格率75%達成! 宅地建物取引主任者 2名合格!

平成25年度二級建築士試験の最終合格が昨年12月に発表され、本校からは建築士専攻科学生全員が受験し、最終合格率75% を達成しました(県内合格率26%、全国平均19.5%)。また、平均年齢も全国平均 28.8 歳に対して、本校の学生のほとんどが21歳前後と、若い二級建築士が県内に誕生いたしました。また、平成25年度宅地建物取引主任者試験についても、本校建築デザイン学科の1、2年生から1名ずつ合計2名の学生が合格。今後も最終試験の合格率を高め、地域の若い建築士を育てる学科として貢献してまいります。

充実の屋久島研修

建築デザイン学科1・2年生を対象に、環境学屋久島研修を実施しました。初日は地力センターを見学し、柴鐵生氏の講演を通して屋久島の循環型社会に関する説明を受けたほか、ゴミ処理再生技術等について学びました。2日目は白谷雲水峡から太鼓岩までのルートで登山を実施して、屋久島の自然と親しみました。最終日にも西部林道や大川滝で自然観察を行い、自然保護の大切さや素晴らしさを学び、建築技術者として責任と誇りをもって社会に参画することの重要性を身につけました。

充実の屋久島研修

こんな資格が取得可能!

  • ・ 一級建築士
  • ・ 二級建築士
  • ・ 木造建築士
  • ・ 1級建築施工管理技士
  • ・ 2級建築施工管理技士
  • ・ 建築設備士
  • ・ インテリアプランナー
  • ・ インテリアコーディネーター   など